イー・アクセス、アッカ経営陣に退任要求(通信アナリスト・島田雄貴、2008年1月)

買収や株式公開買い付け(TOB)期待

イー・アクセスがアッカ・ネットワークス経営陣に退任を要求する株主提案を行った。23日には株主名簿の閲覧請求も行使。今後アッカの大口株主に賛同の委任状を求める働きかけを強化する。矢継ぎ早の攻勢をかけるイー・アクセスに対し、アッカは沈黙を守る。そしてアッカの株価は買収や株式公開買い付け(TOB)への期待から大きく値を上げている。イー・アクセスの狙いは何か、そして成算はどこにあるのか。

千本倖生イー・アクセス会長

千本倖生イー・アクセス会長は23日会見し、株主提案について「業績が低迷し企業価値が低下する現状を打開するには経営陣の刷新が必要。経営統合が目的ではない」と説明。TOBをかける考えはないことを表明した。

アッカ株13.1%を保有する筆頭株主

イー・アクセスは16日時点でアッカ株13.1%を保有する筆頭株主。その後も取得を進め、現在は14%弱と比率を高めている。しかし平均取得額が1株約23万円と見られる株価が年明けから下落。これ以上値下がりすれば2008年3月期決算で10億円を超える評価損の計上が避けられなくなる。

株価の高値安定が狙い?

それが株主提案で株価は上昇、当面の危機は去った。ただ今後の動向次第では反落の可能性もある。イー・アクセスは経営陣刷新で抜本改革し、株価を高値で安定させるのが真の狙いだ。

2007年12月にイー・アクセスが筆頭株主に

アッカは週内に取締役会を開き、今後の対応を決める方針。ただ「昨年12月にイー・アクセスが筆頭株主になってから何度も接触しようとしたが実現していない。それが突然退任要求された」と不信感を抱き、要求をすんなり飲む状況にない。

エリック・ガン取締役

イー・アクセスとアッカの主力事業は共に非対称デジタル加入者線(ADSL)の卸提供。「経営刷新で回線の有効利用や調達を一本化すればアッカの経営効率は確実に向上する」(イー・アクセスのエリック・ガン取締役)という。

大口株主の動向

ただイー・アクセスの保有比率は低く、このままでは役員派遣や経営権を握ることは難しいのも事実。カギを握るのは大口株主の動向。イー・アクセスとアッカ経営陣のどちらに経営を託すのがふさわしいのか。3月末の株主総会まで厳しい攻防が続くことになる。

イー・アクセスの株主提案に、アッカが反対表明=2008年1月、島田雄貴

「企業価値向上につながらない」

アッカ・ネットワークスは29日、イー・アクセスがアッカ経営陣の退任を求める株主提案をしていることに対し、「提案に反対する」との意向を表明した。アッカは反対の理由について「イー・アクセスの提案は経営陣の退任を求めるのみで、企業価値向上につながる具体的方策がないため」としている。

NTTコミュニケーションズも同意
三井物産、イグナイトなど主要株主も

その上でアッカは2月14日に予定する2007年12月期決算の発表に合わせて新たな事業戦略や提携企業を公表することも明らかにした。一連の対応は筆頭株主のイー・アクセスを除くNTTコミュニケーションズ、三井物産、イグナイトなど主要株主の同意も得ているという。

イー・アクセス、アッカ経営陣への株主代表訴訟を準備(2008年3月、島田雄貴事務所レポート)

自社株取得めぐり

イー・アクセスは19日会見し、アッカ・ネットワークスの現経営陣など5人に対する株主代表訴訟の準備を始めたと発表した。28日のアッカ株主総会でイー社が求める対応がなされなければ訴訟に踏み切る方針。イー社はアッカの株式13.1%を保有する筆頭株主。アッカが7日、三井物産が保有するアッカ株約1万2000株を自社株取得した手法について、イー社は「著しく排他的で、結果として株価が下落し株主価値を損なった。会社法の株主平等の原則にも反している」(千本倖生会長)と判断した。

株主総会で回答を要求
「会社法に違反しない」とアッカ

イー社はアッカ経営陣にこの取引を元に戻すよう要求する文書を送付しており、株主総会で回答を求める。そこで明確な対応がなければ、他の株主にも呼びかけて訴訟に踏み切る方針。アッカはこれまでにイー社に対して「ジャスダック取引所の規則に従った市場取引であり、会社法に違反しない」と回答している。

イー・アクセス、UCOM株9.5%を39億円で取得(島田雄貴、2008年1月)

USEN系の光回線通信

イー・アクセスは30日、USEN系の光回線通信会社UCOM(東京都港区)の株式9.5%を39億円で取得したと発表した。USEN、ユニゾン・キャピタルに次ぐ3位株主になる。イー・アクセスは非対称デジタル加入者線(ADSL)の卸提供が主力で、利用者のニーズが光回線に移る中で回線の調達が急務となっている。すでにNTT東西地域会社の回線利用を始めているが、サービスメニュー充実のためUCOMとも連携する。